こんにちは。じっくリッチ研究所@所長の松本久慶です。

この記事に訪れて頂いた方は「週末うつ」という言葉やその症状に興味を持たれたり、「自分は週末うつかも」「改善する方法や対策を知りたい」と思われている方だと思います。

そこで今回は「週末うつ」について、その症状や原因に加えて、改善するための対策を考えます。「週末うつ」やその兆候がある方はもちろんですが、週末を充実させたいと考えている人も参考にして頂けたら嬉しく思います。

是非自分にあった無理のない方法で、充実した週末を送っていきましょう。

 

「週末うつ」って何?その症状とは?

「週末うつ」ってどんな症状なのでしょうか?

この「週末うつ」という言葉は、杏林大名誉教授の古賀良彦氏が命名したものなのですが、以下のような症状になります。

 

平日は仕事に精を出すが、休日は脱力感に襲われてやる気が起こらない。昼ごろ起きてジャージー姿でゴロゴロし、スマートフォンやインターネットを見ているうちに1日が終わる…。

引用元:休日を楽しめない=脱力感や無気力に襲われる―週末うつ

 

日曜の夜になると会社のことを考えて、気持ちが塞いでしまう「サザエさん症候群」という言葉が流行りましたが、それの真逆の症状ですね。平日は会社に出勤して元気なのに、休日になると気持ちが塞いでしまいやる気が起こらないという症状です。

「平日の仕事が充実しているならそれでいいじゃん!」と思われるのですが、必ずしも「週末うつ」の方は平日の仕事が好きという訳ではないようです。

やることが無いから仕方なく仕事に行くといった感覚だと思います。黙って仕事をしていれば、お金はもらえますから生活に困ることはありません。会社に行けば、人と同じ環境に身を置くことが出来るので安心できますし、特にやりたいことが無い人にとっては好都合ですよね。

ただ、そういった受け身の仕事だけの生活を送っていると、休日何を過ごしたらいいのか分からなくなってしまいます。会社では居場所があったのに、家だとどう過ごしたらいいのか分からなくなってしまい引きこもりのような状況に陥ってしまうんです。

 

「週末うつ」の兆候がないかチェックしてみよう

忙しい現代社会では「週末うつ」とまではいかなくても、結構多くの方がその兆候があるのではないでしょうか。具体的には以下のような項目で当てはまる人は注意が必要なようです。

 

・平日はきちんと起きられるのに、週末になると昼近くまで寝てしまう
・週末になると体調を壊してしまう
・せっかくの休みでも気分が晴れない
・休みの日でも仕事のことが気になって仕方がない

引用元:ひょっとして「週末うつ」? 週末になると昼近くまで寝てしまう人は要注意!

 

私もかつては特にこれといった趣味が無かったので、仕事中心になってしまった時期があって、見事に上記の多くの項目に当てはまっていたように思います。そして御多分に漏れず、別に会社での仕事が好きという訳では無かったので、週末はどっと疲れが出て、ただ寝て過ごすという生活はよくありました。

上記のような症状は、仕事にやりがいを見出せずに仕事以外の趣味・生きがいを持っていない人は結構な割合で当てはまるのではないかと、周りを見ていても思います。

 

「週末うつ」の人が増えている原因や背景は?

こうした「週末うつ」の症状を訴える人が増えてきた原因や背景は、スマートフォンの普及が大きいと先の古賀教授が指摘しています。

今はどこにいてもインターネットやSNS、メール等で人と繋がっています。休日であっても、仕事のメールをチェックできてしまったり、あの人はこうしているとかSNSを見れば簡単に把握出来てしまいますから、人と繋がっていなきゃいけないと思う人ほど心がなかなか休まらないんですよね。

そして、やりたいことが特にない人にとっては、スマホは格好の暇つぶしアイテムです。それで気分転換になるのであれば問題ないのですが、ただ目的もなくスマホを使っているとすると、うつうつとした気分になってしまうのは必然なことだと思います。

また「週末うつ」の症状を訴える人が多いのは、30代~40代の独身男性が多いというデータもありました。

最近は何かと「AIで仕事が奪われる」「あなたの仕事は将来なくなる」とか「将来年金はもらえません」など不安を煽るニュースが本当に多いです。

20代ほど若くはないけれど、これから数十年は仕事をして生活をしないといけない30代~40代の方にとっては、自分のこれまでやってきたことに意味を見出せずに自身の存在意義が分からなくなってしまったり、将来に希望が持てないのだと思います。

ネガティブな情報が多すぎて、漠然と将来に不安を抱えてしまうのも「週末うつ」になってしまう大きな要因なのではないかと感じました。

ただ、そうはいっても何とかそういった悪循環を断たないといけないですよね。

やはり仕事以外に趣味や生きがいを持ったり、会社だけを拠り所にしない生活を自分で作り上げていくことが大事だと考えます。自身の経験も踏まえた上で、具体的な対策などを次でご紹介していきますので、参考になさって下さいね。

 

「週末うつ」の改善や脱出するために必要な対策を考える

ここでは、「週末うつ」の傾向が出てしまった場合にどういった対策をしていけばいいのか考えたいと思います。古賀教授によれば「3つのR」を推奨しています。

「3つのR」とは具体的には以下の3つになります。

 

・レスト(休養)

・リラクセーション(癒し)

・レクリエーション(活性化)

 

簡単に言えば、「リラックスして十分な睡眠をとって、趣味を始めましょう」といったところでしょうか。確かに十分な睡眠は大事ですし、気分転換できる趣味を見つけることは非常に重要だと思いますので、「3つのR」を意識して生活していくことは対策の一つであることは間違いないでしょう。

ただ、それがなかなか出来ないから「週末うつ」から脱出できない人も多いですよね。

 

趣味が無く何から始めたらいいのか分からない方は「副業」を無理なく始めてみよう

そこで私は、無理なく副業をしてみることをオススメします。「え、ただでさえ忙しいのに副業なんて更にストレス溜まるのでは?」と思われる方も多いと思いますが、自分のペースで出来る気楽な副業であればストレスは溜まりません。もし、無理だと思えばやめればいいだけですしね。

また、先述したとおり、漠然とした不安があるのは会社にだけ頼ってしまっているからだと思います。そんな時に自身の力で稼ぐ力を磨いておけば安心しませんか。

私も本業に支障が無い程度に、週末だけの時間を使って副業を2016年からコツコツ始めまして、月収5~10万円を無理なく得ています。

そうなってくると、会社だけが拠り所ではなくなりますから、日々不安を感じる事も少なくなりました。「AIで仕事がなくなる」「将来年金がもらえない」というニュースが出てきても、「ふーん、じゃあそうなったら自分で稼ぐから別にいいよ!」と大らかに物事を見れるようになったんです。

また、副業をすることで仕事の進め方も改善されますから、結果として会社での業績もUPすることが出来ました。

ただ、無理して副業をしても身体を壊してしまうだけですから、無理なく自分のペースで継続していくことが大事だと考えています。具体的にどういったことをしてきたのかについては、以下でも紹介していますので参考にして頂けると嬉しいです。

【趣味が無い方へ】無趣味でも夢中になれる事の見つけ方!実際に心も体もリッチになった休日・週末の過ごし方とは?

 

また、今後も副業での活動内容や、心も懐もリッチになっていく提案を当サイトでしていけたらと思っておりますので、楽しみにしていて下さいね。

 

ちなみに、趣味が見つからないという人は「読書」をしてみることも強くオススメします。読書には色々な効用があって、スマホを漠然と眺めているよりも、ずっと有意義な時間を過ごせると思いますよ。その辺りについては、以下の記事も参考にして頂けたらと思います。

頭がいい人の定義や共通点・特徴は?読書習慣から趣味まで何が違うのか調査!

 

無理のない範囲で出来る事から始めて充実した生活を送っていきましょう。

 

まとめ

・「週末うつ」という言葉は、杏林大名誉教授の古賀良彦氏が命名したもので、「平日は会社に出勤して元気なのに、休日になると気持ちが塞いでしまいやる気が起こらない症状」を意味します。

・「週末うつ」の症状を訴える人が増えてきた原因や背景は、スマートフォンの普及が大きいと言われています。

・「週末うつ」の症状を訴える人は30代~40代の独身男性が多いというデータもあり、将来に希望が持てずに漠然とした将来への不安を抱えてしまっていることも一つの大きな要因だと考えます。

・「週末うつ」への対策としては、「3つのR」(レスト(休養)、リラクセーション(癒し)、レクリエーション(活性化))が推奨されています。

・当サイトが提案する対策は、無理なく副業を始めてみることです。会社以外の拠り所となり、自身で稼げる力を養えば将来への不安も少なくなり、週末はもちろん日常生活を充実させることが出来ます。自分に無理のない方法で出来ることから始めてみましょう!