こんにちは。じっくリッチ研究所@所長の松本久慶です。

この記事をご覧になっている方は、「手に職をつけたいけれど、どんな仕事があるんだろう?」とか「手に職をつけるためには具体的にどんな資格や方法があるのだろう?」と考えられている方だと思います。

そこで今回は、手に職をつける為のおすすめの仕事や具体的な資格に加えて、将来的にも食いっぱぐれることのない考え方や副業についてまで、幅広く触れていきたいと思います。

手に職をつけたいけれど、何から始めたらいいのか分からないという方にも参考になると思いますよ。

無理のない方法で、自分らしい「手に職」を見つけて充実した生活を送っていきましょう。

 

「手に職をつける」ってどういう意味?

「手に職をつける」ということを考える前に、そもそも「手に職」ってどんな意味で使われるのかを始めに確認しておきましょう。

一般的には以下のような意味で使われることが多いようです。

 

職業または職能を自分のものとすること。生計を立てるための仕事、あるいは、仕事に就くための技能や資格を、獲得すること。

引用元:https://www.weblio.jp

 

就職自体のことを指すこともありますが、どちらかというと「生計を立てていくための技能やスキル」といったことを言うケースが多いようです。

よく、「将来食いっぱぐれないように手に職を持ちたい!」という話を聞いたことがありますよね。

昨今では大企業であってもリストラを慣行するケースも珍しくないですし、終身雇用制度も終わったと叫ばれて久しいです。

そういった意味でも、単に会社に就職するだけではなく、「所属する組織や団体に依存せずにとも生計を立てることが出来る技能やスキル」といった意味の方がしっくりきますよね。

なので、ここでは「所属する組織や団体に依存せずにとも生計を立てることが出来る技能やスキル」を持っていることを、手に職をつけた状態と定義したいと思います。

次で具体的にどんな仕事があるのかを見ていきましょう。

 

手に職をつけることが出来るオススメの資格や仕事とは?


手に職をつけるといった場合には、大きく以下の二つに分けられると思います。

 

①資格を取得して専門スキルを身につける

②経験を積んで専門スキルを身につける

 

①の資格取得は分かりやすいですよね。弁護士、公認会計士、司法書士や医師、美容師、保育士など「資格取得=自分の仕事」と直接繋がるケースです。

②の経験を積んでスキルを磨くというのは、営業、法務や経理といった会社における職種や、大工や料理人といった職人などが挙げられます。

 

ただ、やはり資格を取得するというのが手っ取り早く「手に職をつける」ことに繋がります

普通の会社員では希望の職種につけるかどうかは人事次第ということになりますし、総じてゼネラリストを要請する傾向の高い日本の企業では、専門スキルを磨きにくいのが現状です。

また、職人になるには何十年も下積みが必要だったりしますから、すぐに「手に職をつける」レベルまでスキルを持っていくことは容易ではありません。

では、具体的にどんな資格を取得していけば「手に職をつける」ことが出来るのでしょうか?

資格といっても種類は本当に沢山ありますよね。そもそも資格は以下の3つに大別されます。

 

・国家資格:国が認めている資格

・公的資格:各省庁が認めている資格

・民間資格:民間企業が独自で設定している資格

 

やはり信頼性の高さを考えても、「国家資格>公的資格>民間資格」となりますので、本当の意味で手に職をつけたいと思うのであれば、国家資格を目指したいところですね。

更に国家資格の中でも、業務独占資格と呼ばれる資格があります。これは資格を有する者だけが特権的に業務を行うことが出来るものです。つまりその資格がないと就くことが出来ない仕事というわけですね。

ですので、必然的にこれらを取得してしまえば、「手に職をつける」ことになるといっても言いでしょう。

ただ、業務独占資格まで絞ったとしても、まだまだ沢山の資格があります。そんな中でもどうせ取得するなら高収入な資格を取得したいと考える方も多いですよね。

平成27年度のものですが、以下が年収が高くて、資格がないと就くことが出来ない仕事になります。

 

年収が高く資格が必要な仕事
1 医師…1098万円
2 弁護士…1094万円
3 公認会計士…717万円
4 税理士…717万円
5 不動産鑑定士…711万円
6 社会保険労務士…670万円
7 歯科医師…653万円
8 一級建築士…644万円
9 獣医師…637万円
10 技術士…596万円
11 診療放射線技師…533万円
12 薬剤師…532万円
12 薬剤師…532万円
13 看護師…478万円
14 臨床検査技師…468万円
15 クレーン運転士 …460万円

引用元:手に職をつけるメリットと稼げる資格ランキングTOP10【2016度更新版】

 

手っ取り早く手に職をつけたいと考えるのであれば、上記の資格を狙ってみることをオススメします。取得するのに大変時間がかかるものもありますが、それ相応の見返りを得る事ができると思いますよ。

ただやはり上記の資格は非常に難易度が高いものもあり、学生であれば別ですが働きながらだと現実的ではない資格も多いのが現状です。

そこで、先ほどの資格と重複するものもありますが、比較的取得することが容易で、有利に就職・転職を進めることの出来る安定性のある資格について大手転職サイト@typeが以下のものを紹介しています。

 

安定性のある仕事と資格
1位…ファイナンシャルプランナー
2位…社会保険労務士
3位…中小企業診断士
4位…宅地建物取引士
5位…日商簿記
6位…公認会計士
7位…地方公務員上級・国家一般職
8位…税理士
9位…行政書士
10位…ビジネススキルアップ講座

引用元:手に職をつけるメリットと稼げる資格ランキングTOP10【2016度更新版】

 

特に目指したい資格が明確に定まっていない場合には、まずは上記の中から興味のあるものを探してみるのもいいと思います。

 

(余談)

独占業務がある国家資格でコスパが高い(難易度に対する見返り)資格としては、社会保険労務士はオススメです。社労士法人への就職や企業の人事・総務でも重宝されますよ。

また社会保障の仕組みが分かり、実際の生活にも役立つ知識なので、興味あれば、一度勉強してみると面白いと思います。私も勉強中です笑

市販のテキストでもかなりいいものがありまして、以下は使ってみて凄く良かった印象がありますので、オススメです。そういった意味でも独学で低コストで始められるのも魅力的です。

 

【入門編】

まずは、こちらで基礎固めをします。さらっと2-3回読んでみると大枠がつかめます。



【メインテキスト】

ここから本格的に勉強ですね。1科目ずつ読み終わったら、次で紹介する問題集を並行して行うとより知識が定着します。


 

【問題集】

メインテキストの各章が終わったら、こちらの一問一答を繰り返しましょう。何度も繰り返すことで、次で紹介する過去問集へチャレンジする土台が出来上がります。


 

【過去問集】

問題集を何度も繰り返したら、最後にこちらの過去問でチャレンジです。こちらも繰り返すことで試験対策がしっかりできます。


 

 

ただ、資格の勉強は、なかなか独学だと時間がかかってしまいますし、そもそも時間を捻出するのが難しい方も多いことと思います。そんな方にオススメなのが、オンライン資格講座「STUDYing(スタディング)」です。

 

通勤しているスキマ時間等を使って合格を目指すというもので、全てスマホやPCから受講可能になっています。またネット環境だけで講座が作られているので、圧倒的に他社に比べてリーズナブルです。

私も受講したことがありますが、教材も非常によく出来ていて通勤時間を使って自分のペースで勉強していました。

司法試験をはじめとして、ここで挙げた資格の多くの講座が用意されていますし、今なら無料お試しでどんな感じの勉強スタイルになるのか体験できるので、興味のある方は試してみて下さいね。

オンライン資格講座「STUDYing(スタディング)」

 

資格だけではダメ?自身の強みをアピールできる希少性のある人材を目指そう!


ただ、先ほど挙げた資格を取得すれば、将来安泰かと言われると残念ながらそういう訳ではありません

昨今ではAIの台頭により、10年後に多くの仕事がなくなるという話題も頻繁に耳にするようになりました。

オックスフォード大学が認定したとされる、あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」が有名ですよね。

(参考)オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

 

最近のニュースではいたずらに不安を煽りすぎですし、これが発表されたのが2013年だということを考えると、そこまで劇的な変化を感じていない人も多いと思いますが、確実に時代は変化しています。

全てが上記記事で認定されたとおりになるとは思いませんが、大きな流れは間違いなく起きることでしょう。

このオックスフォードの研究では、先ほど高収入な資格を必要とする仕事として挙げた弁護士も挙げられています。

 

ではどうすれば、いいのでしょうか?

ここで必要になってくるのが、それぞれのスキルを「組み合わせ」てキャリアを作っていくという考え方だと感じております。

例えば、弁護士であれば、ただの弁護士ではなくて『M&Aに強い弁護士』とか、税理士であれば『ネットビジネスに強い税理士』といったイメージですね。

このような考え方に近いものとして、リクルート出身で中学校の校長も務めた藤原和博氏も以下のように述べられています

 

3つのキャリアを5年から10年ずつ経験して、その掛け算で希少性を獲得し、100万人に1人の存在になりましょう。

引用元:藤原和博流「100万人に1人」の存在になる方法

 

どういうことかというと、まずある分野で集中して仕事をして、100人に1人の希少性を確保する。そして、最初の希少性を確保したら、また別の2分野で100人に1人の希少性を確保して、100人×100人×100人で100万人に1人の存在になりましょうという考え方です。

100万人に1人という希少性はオリンピックのメダリスト級ということですから、よほどのことがない限り食いっぱぐれることは無いと思います。

藤原氏は3つの組み合わせを提唱していますが、先ほど挙げたように「資格」×「何か」という形であっても十分に希少性を上げることが出来ますから、まずは2つの組み合わせを意識することが大事だと思います。

それをクリアしたら、是非3つ目の分野に足を踏み出したいですね。

藤原氏も記事の中で述べられていますが、ゲーム感覚で楽しみながらキャリアを構築していくことが大事かなと思います。無理して楽しくないことばかりだと続かないですからね。

 

今の仕事を続けながら手に職をつけたいなら副業もオススメ!


ここまでで、オススメの資格に加えて、それらに自身の強みである何かを組み合わせる考え方をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

自身に手に職と言えるものがある方は是非継続して、スキルを磨いていってほしいと思います。

ただ、多くの方はなかなか資格取得のための時間を取ることが出来ないことに加えて、会社員であれば希望の職種に就けないために何から始めたらいいのか分からない方も多いかもしれませんね。私もそうでした笑

そういった方には、会社等には頼らずに無理なく副業を始めてみることもオススメします。最初の方で「手に職をもつ」ということは、「所属する組織等に依存せずとも生計を立てられるスキル」とお話しましたが、副業で自分のビジネスを確立してしまえば、立派な「手に職」ですよね。

また本業と組み合わせれば、100万人に1人に近づくことも出来るかもしれません。

副業をやるメリットは沢山あるのですが、スキルという点ではどんなビジネスにも必要な専門スキルを全て身につけることが出来ます

具体的には「集客」「商品設計」「セールス」の3つのスキルをお金を得つつ、学びながら身につけることが出来るんです

一方で「資格取得する時間も捻出できないのに、副業なんて無理!」と思う方もいらっしゃると思います。

ただ私が提案する副業は、週末の空いた時間を使って無理なくやるというものなので、時間を捻出できないということはありません。

自分のペースでじっくり着実にということをコンセプトにしてやっています。2016年から週末だけの時間を使って、無理なく月収5~10万円を達成しています。

当サイト内でも副業の実践については記事にしていこうと思いますので、そちらも是非参考にして頂けると嬉しいです。

具体的にどういったことをやっているかについては、以下でも触れているので合わせてご確認頂けますと幸いです。

【趣味が無い方へ】無趣味でも夢中になれる事の見つけ方!実際に心も体もリッチになった休日・週末の過ごし方とは?

 

自分のペースで着実に自分にあった「手に職」をもって有意義な生活が送れるようにしていきましょう!

 

まとめ

・「手に職をつける」には色々な意味がありますが、ここでは「所属する組織や団体に依存せずにとも生計を立てることが出来る技能やスキル」を身につけることと定義します。

・「手に職をつける」為の手っ取り早い方法は、国家資格、その中でも業務独占資格を取得するか、有利に就職・転職を進めることの出来る安定性のある資格を取得して仕事に繋げることです。

・ただ資格を取得するだけで稼げる時代は終わり、資格に何かを「組み合わせ」る考え方が重要です。自身の希少性を高める考え方は藤原氏の考え方も参考になります。

・「手に職をつける」にあたって、何から始めたらいいのか分からない方は無理なく副業を始めてみることもオススメです。ビジネスに必要な「集客」「商品設計」「セールス」の3つスキルをお金を得つつ、学びながら身につけることが出来ます。